9.無痛分娩中、どんな感覚なのか

痛くはないけど、感覚が変な感じ

硬膜外に薬を入れると、そこから浸透して神経に薬が効いていきます。

痛み ⇒ 動き ⇒ 触られている感じ

の順で、効果が現れやすいです。無痛分娩の場合は薬品の濃度が薄いため、痛みは取れ、動きが少し制限され、触られている感じは残ります。
 また、この「痛み」という神経と「冷たい」と感じる神経は同じです。氷をずっと触っていると、冷たいという感覚から痛みに変わる感じがあると思います。これは同じ神経を使って電気信号を送っているからです。

これは無痛分娩中の感想を聞いたものです。

ところどころ体に痒みがあって、
 足の方は、冷たいとか、暖かい感覚は、今のところわかりません。
 触っている感じは、わかります。
 痛みは感じません

痛みはありませんが、感覚的に変な感じがします。神経の太さによって、薬の効きやすさは個人差が大きいので、人によっては足が動かしにくいようになる事もあります。歩けて特に問題ないと感じていても、トイレに座る時に膝カックンのような現象が起こったりします。

同様に、分娩終盤の胎児が出てくる時、ご本人は本気で力を入れていても、本来の50%以下しか力が入っていない事があります。これは痛みは完全に取れていて、同時に運動の神経も少し麻痺してしまっているためです。このために、無痛分娩ではどうしても副作用として時間が1割程度長くなったり、吸引分娩が増えたりします。

当院では、この状態で歩くと転んでしまう可能性があるため、無痛分娩が始まってしばらくたったら尿道カテーテルを入れて、ベットの上で過ごしていただくことになります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください