4.無痛分娩は、いつ始めるのか

無痛分娩は、どのタイミングで始めるのか。これについては、施設間で大きく違うのが現状です。それは、その施設で無痛を担当する医師が、いつの時代に、誰に学んだかで、やり方が変わってくるからです。

① 分娩が進んで、子宮口が開いてから開始
② 分娩が始まる前から開始

のどちらかという問題です。

今は、②の分娩初期から開始が一般的

 2000年初頭までは、1990年代の論文の結果から、「子宮口が4~5㎝開いてから無痛をするべき」と米国産婦人科学会でも推奨していました。なので、この頃の無痛分娩は①のように、ある程度分娩が進んでから開始するのが一般的でした。

 その後、医学の進歩やデータが新しくなり、2000年初頭の論文で「結局いつ開始しても、安全性や帝王切開率は変わらない」という大きな結果が出てきました。それを受け、米国産婦人科学会と米国麻酔科学会は2006年、「妊婦が希望した時期が、無痛分娩開始の合図」という声明を出しました。日本でもこれを指示し、以後②の分娩初期に開始というのが一般的になっています。

 これについて、副作用のところで書いていますが、「普通分娩で痛みがある方がお産が早い」というのは事実です。なので、「お産は少しでも早く終わる方がよいから、子宮口がある程度開いてから無痛を開始する」と考える施設があっても、それも正しいと思います。施設毎でやり方、タイミングが微妙に違うので、それを知った上で、自分のニーズに合った施設を選んでいけばよいと思います。

当院は、分娩開始前、痛みが始まる前から痛み止めの投与を開始しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください